« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

ラジコンヘリ KING2・3&450

5月も末に入ったら、気が抜けたようにお暇になってしまいcoldsweats01
趣味のラジコンヘリの事を少々




E-SKY ハニービィー004から始まり、気が付けばE-SKY KING2&KING3改、それと450REX系(写真奥より順番)と進んで参りました。

1年と5カ月に入りましたが、未だに前ホバも習得出来ず、仕事の合間にと練習を考えておりますが、ご近所の手前、かなり難しい為、仕事が終わった30分ほどの時間を使い、日々練習中のビギナーですsmile

フタバの10チャンネルプロポを購入してからは、苦戦の毎日ですが少しづつセッティングが出来るようになってきました。

また、ヘリ本体の調整と改造も少しづつですが進めてます。
まずは・・・

KING3改にT-REX450系のメインヘッド&テールパーツ類の交換です。
画像はテール部分だけですが、メインヘッド類も450パーツに変更済みです(機体真ん中)。

さらにKING2のテールはKING3の部品流用で、同じくテールパーツを改良しました。
現行(メタルはオプションです)
改造途中(実は入れ換え直後の画像)
改造後(2と3のコラボですhappy01

これだけを見ただけでは理解しづらいですが
KING2とKING3のパーツの合体バージョンと思ってください。

詳しい事は、お伝え出来ませんがKING2のベルクランク系の作りが良くないせいか、動き自体の幅は改善したんですが本人自身、納得が行ってませんcrying
やはり、大々的な改造が必要と感じましたgood

それでも、テールの効きはかなり良くなりましたよscissors

ただ作成後、感動しながら調子こいて練習してたら、何かがぶっ飛んだと思ったらノーコン状態になりあえなく墜落、修理中ですshock

2011年5月25日 (水)

ランボルギーニ修理編・・・その4(^^;

今月は、ブログ更新がほぼ出来ていない店主coldsweats01
相変わらず、筆不精ならぬキーボード不精です(。>0<。)

さて、話は戻しますがブレーキが甘いとの事でブレーキの対策をする事になりました。
LP500アニバーサリー
フロント
リヤ

解りずらいですが、ローターが小さく4ポッドキャリパーとは言え、大きくない状態です。
とは言っても、当時のマシンからすると最強sign02かとは思いますeye

ただ、マスターシリンダー径とキャリパー径の相性が悪いのか、お世辞でも良いとは言えず、ペダルのタッチは悪いは、踏んでも効きが悪く、こんなマシンで高速飛ばしたら、絶対ヤバイshock(法定速度内)!!

それならどうしましょで、ブレーキホースのステンメッシュ化とブレーキパッドの交換、ブレーキローターのスリット化または、ベルハウジングを作成して大きいローターに変更、さらにマスターシリンダーストッパー製作を考えましたscissors

しかし、、、coldsweats01
パッドとローターは特注ですが1ヶ月~3か月近くかかるし、安価な方法のロータースリット化は残念ながら、ローターの在庫がすべて無く、今後生産しないとの事で断念!
今付いてるローターは、当たり前ですが加工は出来ませんcrying

時間と予算に阻まれ結局、今回はステンメッシュホース交換のみになりました。
ちなみにパッド強化とマスタシリンダーにストッパー製作は後日改めてする事にhappy02

最初、市販で作ったものなら安価で買えるので調べてみたんですが、LP400用は有りましたが、LP500アニバ用は有りませんbearing
LP400の足回りを確認してないので併用出来るか解らんし、当たり前ですが使えるかの問い合わせには「解りません」の答えがpout

無いのであれば作成するしかありません。

キノクニ屋さんよりアールズパーツを取り寄せてブレーキホースを製作となりました。
画像以外にも必要なパーツがあったりしましたが材料費&制作費を含め、市販の1個分より4、5千円アップ位ですbleah

向かって左が純正ホースで右がワンオフ作成のステンメッシュになります。

フロントリヤ

予算の関係でアルミ製のパーツは不可でしたがエアー抜き後、試乗してブレーキの感覚を確認したら、確かに踏んだ感じのタッチはかなり改善致しました。

やはり、伊達にステンメッシュでは無いですねhappy01
ただ、根本的に制動力が改善した訳ではない為、次のステップアップに期待したいと思います。

また、入庫しましたら続きをアップしたいと思いますgood

2011年5月13日 (金)

ランボルギーニ修理編・・・その3(^^;

大型連休も終わり、さてこれから頑張ろうとした矢先に身内の不幸があり、急きょ、田舎に帰る事になった店主bearing

ホームページならびにブログも更新出来ずにご迷惑お掛けしております( ̄Д ̄;;

さて・・・happy01

今回は、ラジエータの水漏れ修理です。

Dscf5900

実は・・・修理完了の画像で失礼します、漏れていた状態の画像は間違えて削除してしまい、現在ありません(ごめんなさい)m(_ _)m

見た感じ、小さいラジエータが2個有るように見えますが縦横30cm位で厚みが15cm位ある、以外にも大きいサイズです。

修理後の画像では、普通の真鍮系のコアで、古いカスタム系が使うタイプの形状になっておりますが、修理前のラジエータは、建設機械などに使われるようなごついタイプでした。

建機用は、遺物(石など)に耐久性がありますが放熱性が弱い為、乗用車タイプ(スポーツカーなど)には不向きな構造でした。

今回、値段が変わらないと言う理由で乗用車タイプに変更good放熱性がアップしました。

Dscf5927

Dscf5926

取付工賃、ラジエータ・オーバーホール代、クーラント(冷却水)代も含めても20万諭吉以内で修理完了です。

贅沢を言えば、ウォーターポンプ、シリコン製ラジエータ・ホースも交換したかったのですが次回にする事になりました。

フェラーリ355と違い、エンジン降ろさなくても出来るので、不具合が出てからでも良しと考えました。

冷却水のエアー抜きを一通り終え、暖気していると、以前に比べて電動ファンの回り始めるタイミングが遅くなったようですし、熱効率も若干向上した性か、冷却水の減りも少なくなったようです(オーナー談)。

次回は、ステンメッシュタイプのブレーキホース、ワンオフ製作&取付ですヽ(´▽`)/

ではではpaper

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ