« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月25日 (金)

冷却水の交換にご注意を!!

震災から2週間が経ちましたが、ようやく余震が少なくなりましたhappy01

とは言っても、昨日は半端ないほどの大きな余震続きshockもしかして打ち止めのご連絡だったのでしょうか?happy02

いずれにしても、まだ避難所で暮らす方々が居らっしゃる手前、笑い話には出来ないんですけどねcoldsweats01

さて、タイトルにも書いた冷却水の件sign01以前にもブログに載せましたので、『またかよ!』と言わずに再確認とやり方について少々書きます。

Dscf5777_3 普通は冷却水を抜いて新しい冷却水を入れてエンジンを掛けといて、ヒーターが効く事を確認してサーモが開けば、一通りのエアー抜きは完了!(FF車なら電動ファンが2回回ったらOK!)

その後、冷えたら冷却水を補給して終了となりますが、最近の車は対外、従来通りに作業してもエアーは抜けづらい構造になっておりますsign03

レイアウトの関係で冷却水の通りが複雑になっているのが要因の一つです。

メーカーで言うと、ホンダ、日産、三菱、などでしょうか。

写真の車は日産のウイングロードhappy01以前は、ボルトにエアー抜きマーキングみたいなシールが貼ってあったり、エアー抜きの為のメクラ栓が付いていたりしました。

でも、今の車にはそんな気のきいた物はありません。

店主は元々、ホンダのディーラーで勤めていたサービスマンです。

ホンダは昔からエアー抜きが必要でしたから、退職して民間の修理工場に勤めた時は冷却水の交換の度にエアー抜きのバルブが無いか確かめてから作業したものです。

Dscf5779

あるとエアー抜き作業が楽に済むけど、トヨタとかは無いから逆に時間が掛ってイラっとしますねbleah

1枚目と同じ車ですが中央の黒い部分がサーモが入ってるベースになります。

この付近にエアー抜きのボルトがあるんですが解りますかsign02

作業経験がある方は解っていると思いますが、素人目にはチンプンカンプンだと思いますhappy01

写真では一方向からのアングルなんで判りにくいですが、車の構造をよーく理解していれば、難しいことはありません。

何が言いたいかと言うと・・・

前回の記事に戻りますが、困るのはお客様ですsign01整備する側が『出来ない』などと言い訳をする事が無いように、日頃から面倒くさい車でも積極的に覚える姿勢が大事なんです。

特にこう言う仕事は時間が掛るし、妥協出来ない作業sign03

エンジン壊して言い訳するなら、受講料だと思って対応する気持ちが大事だと思います。

なーんて、かっこいい事言ってるけど・・・おいらも失敗を重ねて今日に至ってます。

失敗は成功のもとですからgood

2011年3月18日 (金)

燃料が無いと車検も出来ない(x。x;

東北関東大震災から、はや1週間が経ちました(。>0<。)

計画停電という短い間の停電は行っておりますが、関東でもここらへんはライフラインに不具合が無いから、震災被害に遭われた方々に比べたら天国みたいな状態ですが・・・。

困った事があります。

物流の遅れはありますが、物資が全く無い訳でもないのに、スーパーを始めホームセンターやスタンドなどに群がる方が大勢いらっしゃいます(゚Д゚)ハァ?

そんなに買ってどこか山にでも修行に行くんでしょうか( ゚д゚)ポカーン

うちらは車の修理や車検をしてますが点検や検査をするのに少しですが燃料を使います。

でも、スタンドは開店するなり、異常なほどの行列になります(・_・)エッ....?

仕事で使ってる方など燃料ランプが点いてガス欠寸前で困っているのに燃料が入れられません。

外回りしてる方が2時間ならんでやっと給油した際、隣の車が5リッターほどで満タンになった時、憤りを感じたと言ってました。

当店でも、お客様が燃料入れられなくて車検で入庫されましたが検査する為に必要な燃料がありません。

ほんとに困ったもんだと思っております。

とは言っても、唯一の救いは暴動や略奪が無い事でしょうか( ̄○ ̄;)!

2011年3月11日 (金)

大きい地震(^^;今だ余震が

かなり大きい地震でした。

最初は小さい揺れから始って、だんだん大きくなってきた( Д) ゚ ゚

あわてて、リフトアップしてる車を下まで降ろして倒れて壊れると高そうな備品を押さえながら揺れがやむまでこらえておりました。

ていうか、その前に安全な場所に避難するのが当たり前ですが・・・貧乏性のためかついつい、被害を最小限にしようと思ってしまう店主ですbleah

おかげさまで、お預かりの車ならびに工場の被害は無かったんですが・・・

我が家はちょっと被害(;´д`)トホホ…

Dscf5722 Dscf5723

玄関のタイルが割れてしまいました。

おかげさまでここだけで最小限で済みましたが、最近の建物なのにとてもショックです。

ここだけ手抜き工事だったのかと少しイラッとしてます(*`ε´*)ノ

でも、震源地に近い方々や津波の被害にあわれた方に比べれば月とすっぽんほどの違いですから、文句を言ったら失礼ですね!

被害にあわれた方々には、ご無事である事を願いまた、お見舞い申し上げます。

現在も余震が続いております。

後から来る余震が一番怖いので、くれぐれもお気を付けくださいませ。

2011年3月 9日 (水)

毎度好例の確定申告(^^;

P1000029

こいつの為に、この時期はHPの更新やブログのアップが二の次になります(-_-X)

かといって自営業を営んでいる以上、避けて通れないのも事実(^-^;

E-TAXを使えば、わざわざこちらに行くことはないんですが・・・happy02 気持減税になるのが一回こっきりsign03 近年、不景気の上、店舗を構えて4年未満の小さな町工場では税金をたくさん払う事が無い為coldsweats01 たくさん稼いだ暁には使おうと思っておりますscissors

さて、話は飛びますが・・・happy01最近気になる話を耳にしました。

人づてに聞いた話と実際に当店に電話があった事例です。あくまで一方的な話happy01

車検にだす際、元々ラジエータから水漏れしてたので必然的に車検に合格しないから交換になったんだが、車を受け取ってから1週間後にオーバーヒートしてエンジンがパーになったそうなcrying 電話の人には「100%クレームですよ!」って伝えたが車検をした業者は「他にも不具合があって壊れた」と一点張りで、クレームと認めないそうなbearing

よーく話を聞くと、受け取ってからエンジンを掛ける度に水が流れる音が壊れるまで続いたそうなsign01

はっきり言って、冷却水のエアー抜き不良によるトラブル(`ε´)

次は、家によく来る配達の人の話

こちらは、車検に出して冷却水を定期交換と称して交換させられ、2週間もたたないうちにエンジンパーpout

クレームを言ったそうだが、「整備した車がエアー抜きがしづらい車で古いから、他の原因で壊れた」と言われたそうな、こちらもエアー抜き不良。

だったら、初めから交換するなsign03って言いたいよ\(*`∧´)/

最近の車は、エアー抜きの方法が個々にあって、当たり前だが抜けづらい車両だってある。また、今時の車は16万キロとか20万キロまでは交換不要が多くなってる昨今。

交換するならちゃんとやれ、何なんangryただ単に整備士の技術レベルが低いだけじゃん。

また聞けば、両方とも車検代が安いとうたってる業者ばかり。

うちも技術に関しては、決して上の方だとは思ってはいないがcoldsweats01少なくてもエアー抜きぐらいは、まともに出来まっせgood

安かろう悪かろうでしょうかo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

こんな話をしたかったんだったっけ( ̄○ ̄;)!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ