« セルが回るのに掛からない?? | トップページ | 重なる時は・・・ »

2008年12月16日 (火)

オーバーヒートしたエンジン

ここのところ、師走もあって忙しくcoldsweats01、更新できない店主ですが・・・

今回は、オーバーヒートのトラブルについて少々お話をgood

今月の初め頃入庫した、トヨタ・MR2、初代ミッドシップカーです。

半年前に、一回目のオーバーヒートしてディーラーにてヘッドガスケット交換したらしく、今回またオーバーヒートされたそうな(^-^;

前回、交換しているなら大丈夫とは思ったが、一応エンジン回りをチェックしたら

おや、エキゾースト側より水漏れの後が・・・

Dscf0001 お客に事の次第を報告したんですが・・・

「ディーラーでガスケット交換してるから、そんなことはない」

のコメントで、ただ明らかに以前から漏っている形跡があると伝えたが・・・・

ラジエータからも水漏れがあった為、ラジエータ修理とサーモを交換して、様子を見ることになった。

冷却水を入れてエアー抜きをすること30分

ジワーと垂れてくる( ̄Д ̄;;

シリンダーブロックの砂抜き部分のメクラブタも怪しいので、エンジン脱着となった

Dscf149201 早速、エンジンとミッションを分離してスタンドに取付、ヘッドとブロックを分離したら、驚いた。

なんと、4番付近のガスケットに亀裂ができていて、そこからの水漏れヾ(;´Д`A

Dscf150401

いくら、オーバーヒートとは言え

ここまでひどい状態は初めて

ましてや、オーナーは走りやでもないし、オートマ車

小生も色々と経験はあるが、ここまで抜けるとは・・・

一応ガスケットを綺麗に剝して、ストレートエッジにてひずみ測定

案の定、ヘッドとブロックともども限度を超えるひずみがあった。

小生なりに考えてみたんだが

水漏れ自体は、ジワーという感じで漏っているので、だいぶ以前から漏っていたようで、状態をお客に話したら

「ディーラーで交換したのは今年の5月頃、」との事

小生も、疑う訳ではないが、普通の車に比べ、エンジンルームはかなり狭い

ましてや、ヘッドガスケット交換位じゃ、エンジン脱着もしないだろうし、大方半分、キレながらの作業だったに違いない

若干、雑に組み付けした結果と、ラジエータの水漏れも重なったことがこう言う事態になったのではないかと推測する

現に、ヘッドボルトの締め付けにムラがあるせいか、緩めるのにきつい所と、すぐ緩む箇所があった。

現在、機械加工+オーバーホールが前提となるため予算の関係で、中古エンジンの載せ換えとなり、まだ作業中(^-^;

まっ、いずれにしてもと言うか、ほとんどのエンジンって一番奥の気筒側がトラブル場合が多いのは気のせいでしょうか(。>0<。)

次回も水漏れに関する内容ですscissors

« セルが回るのに掛からない?? | トップページ | 重なる時は・・・ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/43439951

この記事へのトラックバック一覧です: オーバーヒートしたエンジン:

« セルが回るのに掛からない?? | トップページ | 重なる時は・・・ »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ