« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月26日 (金)

今年最後の仕事かな?

もう何日も待たず、今年も終わろうとしておりますが(^^;
なんか今年最初にした仕事もタイミングベルト交換で・・・
やっぱり最後もタイミングベルト交換になりそう( ̄Д ̄;;
車両は、「アルファロメオ・156」

実はこのオーナー、以前紹介したアルファロメオ自爆事件の方です(;;;´Д`)ゝ

よほどアルファがお好きなのか?定かではありませんが、しかし購入する意味が後から試乗して、店主も納得する車かもと思っております。

前節でもお話した通り、タイミングベルト交換で入庫ですが・・・

以前、交換したタイプと同じでバランサーベルトが付いております(写真はバランサーベルト取り外した状態)。
今回は、オイル漏れが全くなく(4万キロ走行の為か)オイルシール類は無交換での作業となりました。

本来なら、カムカバーを取り外してインテーク側(写真向って左側のプーリー)の合わせマークに合わせて作業するんですが交換しない為、ペイントにて印をつけての脱着交換になります。

若干ずれようが(汗)合わせマークに合わせればOK!なんで作業的にはなんの問題もありません。
この手は、特殊な車両になるのでエンジンの基本が理解出来ない方は、マネしないように、ディーラーに聞いても教えてくれませんから( ̄○ ̄;)!。

しかし、不思議なのは、私が修理に携わったアルファは、すべてマニュアル車

とは言っても後にも先にも3台なんですが(・_・)エッ....?

思い出したように書きますが・・・
最初に修理したアルファは今のFF車ではなく、FR車でした。
後ろにミッションとデフが付いていて、デフのサイドフランジにブレーキローターが付いてると言う変わったタイプ、たしかポルシェにもそう言うタイプがあったような記憶が・・・

その車には、エンジン関係をいじる事は無かったんですが
足回りの調整と交換はしたのではっきりと覚えております。

なんせ、フロントはトーションバーサス、ハイエースみたいにネジを緩めて車高を調整出来るタイプではなく、いちいち取外してスプラインの位置をずらし、降ろして確認後またやり直すと言う、かなり手間がかかった事を憶えていて(-_-X)やっとの思いで完成と思いきや・・・

オーナーに「後、5mmダウンしてください」と言われた時は、あ゛っ!と思うほど苦労しました

(-゛-メ)。

話は戻りますがm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
試乗して思う事は、2リッターなのにトルクフル&レスポンスがいいし、ハンドリングもシャープ、なかなか店主的にはグッドな車( ゚д゚)ホスィ…

ただ、難点がペダルとペダルの隙間が少なくて一緒に踏むことしばしばあり
足の大きい人はちょいと無理かな???

後、どうしてヨーロッパ系の車両は(一部を除く)タイミングベルト交換サイクルが短いんでしょう、せめて8万キロぐらいのペースにしてくれないもんだろうか( ^ω^ )。

話は尽きないのでこの辺でやめ時ますが
次回は・・・題名考えますbomb
それではpaper

2008年12月20日 (土)

重なる時は・・・

トラブルの症状が重なる時は重なるもんですなぁー

前回も話したんですが、やはり冷却水関係(;´д`)トホホ…

うちのホームページにもアップしてるんですが(MR2もアップしてます)夏にタイミングベルト交換したフェラーリが、「ヒーターが効かない」で入庫して来まして(゚ー゚;

フロントフード開けたら、ビックリ( Д) ゚ ゚

クーラント様が大量に漏ってた

Dscf1515

原因は、ヒーターバルブ(ヒーターコック)不良で点滴を打つ様な勢いで漏ってる( ̄Д ̄;;

幸いにもオーバーヒートにはならなかったんでホットしているけどcoldsweats01

Dscf1513驚いたことに この部品、単品では購入出来ないらしく、ヒーターケースごとになるんだそうなヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

さすがはフェラーリ様!!

16諭吉dollar、ヒェーbearing

方や、同じく水漏れの三菱ミニカ、ウォーターポンプ交換で部品が1諭吉でお釣りが来ちゃうeye

比べる方が変だけどι(´Д`υ)アセアセ

なんだか次も水漏れが来そうで、いやーな感じの店主です。

それではscissors

2008年12月16日 (火)

オーバーヒートしたエンジン

ここのところ、師走もあって忙しくcoldsweats01、更新できない店主ですが・・・

今回は、オーバーヒートのトラブルについて少々お話をgood

今月の初め頃入庫した、トヨタ・MR2、初代ミッドシップカーです。

半年前に、一回目のオーバーヒートしてディーラーにてヘッドガスケット交換したらしく、今回またオーバーヒートされたそうな(^-^;

前回、交換しているなら大丈夫とは思ったが、一応エンジン回りをチェックしたら

おや、エキゾースト側より水漏れの後が・・・

Dscf0001 お客に事の次第を報告したんですが・・・

「ディーラーでガスケット交換してるから、そんなことはない」

のコメントで、ただ明らかに以前から漏っている形跡があると伝えたが・・・・

ラジエータからも水漏れがあった為、ラジエータ修理とサーモを交換して、様子を見ることになった。

冷却水を入れてエアー抜きをすること30分

ジワーと垂れてくる( ̄Д ̄;;

シリンダーブロックの砂抜き部分のメクラブタも怪しいので、エンジン脱着となった

Dscf149201 早速、エンジンとミッションを分離してスタンドに取付、ヘッドとブロックを分離したら、驚いた。

なんと、4番付近のガスケットに亀裂ができていて、そこからの水漏れヾ(;´Д`A

Dscf150401

いくら、オーバーヒートとは言え

ここまでひどい状態は初めて

ましてや、オーナーは走りやでもないし、オートマ車

小生も色々と経験はあるが、ここまで抜けるとは・・・

一応ガスケットを綺麗に剝して、ストレートエッジにてひずみ測定

案の定、ヘッドとブロックともども限度を超えるひずみがあった。

小生なりに考えてみたんだが

水漏れ自体は、ジワーという感じで漏っているので、だいぶ以前から漏っていたようで、状態をお客に話したら

「ディーラーで交換したのは今年の5月頃、」との事

小生も、疑う訳ではないが、普通の車に比べ、エンジンルームはかなり狭い

ましてや、ヘッドガスケット交換位じゃ、エンジン脱着もしないだろうし、大方半分、キレながらの作業だったに違いない

若干、雑に組み付けした結果と、ラジエータの水漏れも重なったことがこう言う事態になったのではないかと推測する

現に、ヘッドボルトの締め付けにムラがあるせいか、緩めるのにきつい所と、すぐ緩む箇所があった。

現在、機械加工+オーバーホールが前提となるため予算の関係で、中古エンジンの載せ換えとなり、まだ作業中(^-^;

まっ、いずれにしてもと言うか、ほとんどのエンジンって一番奥の気筒側がトラブル場合が多いのは気のせいでしょうか(。>0<。)

次回も水漏れに関する内容ですscissors

2008年12月 9日 (火)

セルが回るのに掛からない??

セルモータが回るのに掛からないって結構、症状的に厄介な部類に入る訳で・・・

ここで、エンジンが元気よく始動する3要素を

1、圧縮 2、燃料 3、火花(点火)

このいずれかが、欠けてるだけでエンジンは元気よく掛かりません( ^ω^ )

てことは、どれかがダメってことになるんですが、前にも書きましたが最近のエンジンは性能がいいし、エンジン自体も優れておりまして

余ほどオイルメンテや走行距離を走ってない限り圧縮が無いって症状は少ない。

対外は、燃料ポンプまたはポンプリレーの不良か点火系だとディストリビュータ(デスビ)の不良、ダイレクトタイプだとカムセンサーの不良が考えられる

そう言えば一度、燃料もこない、点火もしない車があって、その時は調べまくったあげく販売店に聞いたらフライホイールに付いてるセンサーがダメになると、その症状になるって有名な高級車(外国車)があった( ̄○ ̄;)!

部品が届いて、10分程度の作業ですんなりエンジン掛かった時は、今までの苦労はなんなんヽ( )`ε´( )ノってガックリした覚えある

何もせず、聞くのも考え物だがいい経験したよ(;ω;)

修理屋さんは、やっぱ経験だね!!

そろそろ、修理事例をまた記載したいとhappy02

それではeye

2008年12月 4日 (木)

始動不良の判断

話が横にづれてしまったので( ̄○ ̄;)!

まずは何故、エンジンが掛からないかの判断材料を
1とつ目は、前回の話でバッテリーの不良とオルタネータの不良で充電不足になるのと

2たつ目は、バッテリーは十分に電気があるにも関わらず、始動しない?

その中にもキーを回しても、何にも起こらないのと「カチ、カチ」と音はするけど回らない事がある。

カチ、カチ音なら、大体はセルモーターの不良で、何にも起こらない方は
AT車限定に限るとミッションに付いてるポジションスイッチ(インヒビタスイッチ)の不良、キーシリンダー下に付いてるイグニッションスイッチ等が考えられる

あくまでも、キースイッチONでメーターのデモランプ類が点灯してることが前提

ちなみに、最近のマニュアル車はクラッチを踏まないとセルモーターが回らないタイプになってるので、そこに付いてるスイッチ不良もあります。

マニュアルならセル(セルモーター)がダメになっても押し掛けすれば走行可能だが
AT車はそれが出来ない( ´_ゝ`)フーン

さて、一番厄介なのはセルが回るけどエンジンが掛からないなんだけど・・・
これは次回へとつづくになります

写真がアップ出来なくて、ちとさみしいですが(-.-)zZ
それではbomb

2008年12月 1日 (月)

エンジン始動不良の原因って

朝、エンジンを掛けようとしたらとか先ほどまで何ともなくて駐車場に車を止め、買い物から帰っていざエンジン掛けようとしたら・・・
あれ?エンジンが掛からない???

なんて経験は終わりのはず!

対外は、バッテリーの寿命やオルタネータ(発電機)の故障が一般的
その場合は車同士でケーブルつないで掛けると掛かるから
バッテリー交換か最悪は、オルタネータ交換になるんだが

厄介なのは、車同士でケーブルつないでもセルモータが回らないとか回るけどエンジンが掛からないことなんですが・・・~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

一般のお客さんは判断出来ない方が多いので、ただ「エンジンが掛からない」としかコメントいただけないのは、とても理解できるんですが

業者の方に同じコメントいただくのが一番困りごと(゚Д゚)ハァ?
せめて、つないだけどウンともスンともいわないとかセル回るけどエンジンが掛からないとか言っていただきたい(´Д⊂グスン

大抵は、「お客さんからそれしか聞いてない」なんて答えが返って来るんですが・・・・・

横道にそれるついでですが(@Д@;
やはり原点は問診に尽きるでしょう
お客様から「何時、どこで、どうしたら」とさりげなーくしかも、しつこく聞くhappy02

嫌がられるかもしれませんが、

故障原因を絞り込む最初の一歩だとおいら的には思ってます( ̄ー+ ̄)

この時期は、バッテリーなどつらい季節
最近、エンジンの掛りが悪いって方、早めの点検を心がけましょう( ^ω^ )

やばっ、専門的な話ができんかった(滝汗)
やっと、ここにも慣れ始めてきたので横道にそれる事が多くなりそう

次回は、まともに(爆笑)

ではヾ(_ _*)ハンセイ・・・

モバイルホームページ:

http://homepage3.nifty.com/mnr-auto39/

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ